<< February 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
SEARCH

2016年のパズドラを総括

スマホアプリ版パズドラのダウンロード数が頭打ちになりつつあり、ゆっくりフェードアウトしていくかと思われた2015年末。そんな中、止まりかけていた時計の針を再び動かすかのように、3DS版3作目である「パズドラクロス」の構想が明らかになった。

2月のパズドラ4周年記念生放送にて、ゲームの詳細が発表された。またメディアミックス戦略として、アニメや漫画、連動玩具と同時展開することになった。これまでにない力の入れ方であった。

ORICON STYLEからは「パズドラはポケモンになるか?」と題する記事も出た(http://www.oricon.co.jp/news/2069879/full/)。実際、パズドラクロスは神の章、龍の章の2バージョンで発売されることになり、まさにポケモンを彷彿とさせるものであった。
がしかし、ある意味想定の範囲内ではあったが、結果的にはパズクロ発売の1週間前にリリースされたポケモンGOが、すべてをさらっていってしまった。おそらくNianticは、リリース日を決定するにあたって密かにパズクロを意識していた可能性が高い。しかもパズドラ本編が約1年かかった通算1000万ダウンロードを、わずか3日で突破したということで、こればかりはどうしようもない…。

アニメパズドラクロスは、その物語構成や演出などに、やはりアニメポケモンを思い起こさせるような要素が随所にあった。地上波の放送は、くしくもアニメポケモンと同じくテレビ東京系列。だが、ネットしているのは6局だけというのがやや寂しいところである(一応、BSジャパンであれば全国で見られるほか、YouTubeやGYAO!でも配信されているが)。

パズドラ4周年記念生放送の際には、同時にパズドラレーダーのリリースも発表されたが、パズドラ本編の付属という性質が強いためか、ダウンロード数も注目度も同じ位置情報ゲームのポケモンGOに勝てていない…。ただ、パズドレが原因で発生した大きな事故・事件のニュースはほとんどない(小さいものはあるかもしれないが)。それが幸いなことである。


本編においては、より一層インフレとゲームスピードの高速化が強まった1年だったように思う。スキル継承(現:アシスト)、クエスト(バッジ)、潜在覚醒拡張…etc.
そしてなんと言っても、昨年後半からはパズドラ生放送の降臨チャレンジにおける、ノエルドラゴンやメタドラ系の合成経験値の増加や、山本Pがガチャで当てたモンスターの上方修正といったものが際立っていた。スピードアップに拍車をかけただけでなく、同一モンスターシリーズの属性間でスペックや育成難易度に大きく差が付くことになり、敢えてバランスを崩しにかかっているようにも見える。

全体的に見れば、山本Pやパズドラ運営からは、過去の終了した数多のゲームを反面教師になんとしてもゲームを存続させ、人気を維持させようという姿勢を感じた。それ自体は良いのだが、全体的に無理をしている感が見受けられる上、自身ももはや現状のスピードに付いていくのは難しくなりつつある。

今年はいよいよ5周年の節目となるが、イベントや新要素追加がいつまで続くか、ゲーム自体がどこまで続くか、そしてどのように出口戦略を考えていくのか、気になるところである。

JUGEMテーマ:パズドラ

2017.01.25 Wednesday 22:22 | comments(0) | trackbacks(0) | 日記 | 

モンストガチャ記録

昨年5月、現在の端末に変わってようやく始めたモンスト。ひとまず、ガチャ(オーブを消費するガチャとモン玉ガチャ)で当たったモンスターを覚えている範囲で紹介します。
万一、以下の中にガチャから排出されないモンスターが含まれていましたら連絡願います。

なお、ゲームを始めて最初のガチャで当たったのは、坂本龍馬でした。

2016年12月までに当てた主なモンスター

・坂本龍馬
・ルシファー
・早乙女シュリ
・ネトロヴィッチ森山
・ピノキオ
・ノーム
・バルドル
・アポロ
・ボルチモア

・天降荒神スサノオノミコト

・モルジアナ
・レヴィアタン
・チャイコフスキー

超・獣神祭(12月下旬)
・伊達政宗
・ピノキオ(2回目)
・トライアンフ
・ホルス
・忠義の勇将・趙雲
・ネトロヴィッチ森山(2回目)
・ケンタウロス
・早乙女シュリ(2回目)
・イシス
・ノーム(2回目)

モン玉ガチャ(12月分)
・タケミカヅチ

JUGEMテーマ:ゲーム

2017.01.04 Wednesday 22:58 | comments(0) | trackbacks(0) | 日記 | 

1月3日

何事もなかったかのように、2017年がやってきました。2010年代ももう8年目。どうしたものかと思っています。

本当は先月30日ごろに2016年最後の日記を書くつもりでいましたが、忘れてしまったので今簡単に振り返ると、昨年は少なくとも2015年よりは内容はましだったと思っています。とはいえ、もちろん比較優位に過ぎないので最高というわけにはいきません。多分、今後もずっとこういう感じが続いてくとは思いますが…。

そして、今年でとうとう生誕30周年になってしまうわけですが、家庭生活も自分の精神年齢の伸びも停滞気味です。昨年は結局、本拠地移転構想が進むことはありませんでした。前職に続いて車通勤をせざるを得ない場所に通っている一方で、母親は車でないと買い物にも行けず、平日はずっと家の中にいる状態。母親の用事と自分の用事を同時処理できず、生活の質は徐々に低下してきています。そのため、駅から近い場所への移転の必要性に迫られている状況です。逆に現住所に住み続けるとすれば、もう1台車を買うことはほぼ必須条件とも言えますが、それだけ維持費も我々がかける環境負荷も増えることにもなるので、困っています。

それもこれも、半分以上僕が原因ではありますが、僕は僕で脳と体が思うように動かず、1人ではほとんど何もできないし何も分かりません。表向きは毎日、他の大人と同様に会社に行って仕事をしているもようですが、僕は多分、これからも子供なのだろうな、とさえ思っています。ただ、少しずつ話を進めていこうとは考えています。


今年はいよいよJRゲートタワーが全面開業し、名駅の高層ビル群がひと通り揃いますが、実は昨年6月に開業したKITTE名古屋(JPタワー名古屋)は、開業日の前日に現在の勤務地への出向期間が始まり、かつ上記のように車通勤のため、なかなか行けていません。年末に友人と遊びに行った際、友人が来る前に少し中に入りましたが…。
果たして、ゲートタワーにはいつ行けるとやら。

JUGEMテーマ:日記・一般



2017.01.03 Tuesday 23:20 | comments(0) | trackbacks(0) | 日記 | 

arrows NX F-02Hでまたしてもインシデント発生

先週月曜日の昼過ぎ、ふと携帯(arrows NX F-02H)を使おうとして電源ボタンを押したが、またしてもディスプレイが点灯せず。ボタンを長押ししても、電源が入らず。

またこれか・・・、と思った。夕方になってから、何度も電源ボタンを押して起動させようとしたが、うんともすんとも言わない。


そして夜。改めて電源ボタンを押すと、動いた。何事もなく。

事無きを得たものの、なぜこうなるようで・・・。しばらくは買い替えたくないので、故障しないでほしいものである。

JUGEMテーマ:日記・一般

2016.12.25 Sunday 12:30 | comments(0) | trackbacks(0) | 日記 | 

パズドラレアガチャ記録(11)等

ゴッドフェス(9月中旬/前半)
・富と光の精霊・ジーニャ

ゴッドフェス(9月中旬/後半)
・シンデレラ(?回目)

ゴッドフェス(9月下旬)
・イシス(4回目)
・刻滅機導龍・ディアデム

クリスタル・ディフェンダーズガチャ(8)
・狩人

ゴッドフェス(10月中旬/後半)
・ドラゴン・サムライ(3回目)
・猿飛佐助(2回目)

ゴッドフェス(11月上旬)
・グリプスライダー
・アテン

魔法石10個!フェス限ヒロインガチャ
・討弓の鋼星神・メリディオナリス
・討弓の鋼星神・メリディオナリス(2回目)

ランク50フェス限ヒロインガチャ
・碧地司の龍巫女・モミジ

ゴッドフェス(11月中旬)
・シェアト
・刻滅機導龍・ディアデム(2回目)
・マリンライダー

ファイナルファンタシーコラボガチャ(3)
・ビビ(2回目)
・スコール

ゴッドフェス(11月下旬/前半)
・フォーレン・ラズール(2回目)
・アマテラスオオカミ

ランク50 FFコラボガチャ
・エース

ランク50 BLEACHコラボガチャ
・石田雨竜


最近進化させたモンスター
・ダークゴーレムMk-II→ダークゴーレムMk-III
・マシンゴーレムMk-II→マシンゴーレムMk-III
・ラクシュミー→幸運の女神・ラクシュミー(2回目)
・カストル→滅掌の星機神・カストル
・幸運の女神・ラクシュミー→紫蓮の吟女神・ラクシュミー(究極進化)
・冥狼神・アヌビス→闇獄冥狼神・アヌビス(究極進化)
・フリーザ・第3形態→フリーザ・最終形態
・イシス→聖海神・イシス(3回目)
・アルテミス→狩猟神・アルテミス
・沖田リオナ→リオナ&大海の歌姫・セイレーン
・人造人間18号→人造人間18号・戦闘態勢
・バッツ→探求の風・バッツ
・第10の使徒→第10の使徒・戦闘形態
・バハムート→究極召喚・バハムート
・魔討の女神・ドゥルガー→魔掌の討女神・ドゥルガー(究極進化)
・アテン→浄光の天陽神・アテン
・献身の巫女神・クシナダヒメ→庇護の巫女神・クシナダヒメ(超究極進化)
・皇帝マステリオン→魔神マステリオン
・シェアト→衛瓶の鋼星神・シェアト
・水の龍剣士→ウォータードラゴンナイト
・青銅聖闘士・紫龍→青銅聖闘士・龍星座の紫龍
・弓使い→最強装備・弓使い

JUGEMテーマ:パズドラ

2016.12.12 Monday 23:06 | comments(0) | trackbacks(0) | 日記 | 

これまでで最も近いイオンモール

12月9日、リニモ長久手古戦場駅前にグランドオープンした、イオンモール長久手。開店構想は何年も前からありましたが、ようやくオープンとなりました。

イオンが開店予定であることを知った頃、駅周辺を見てどのようにできるのだろうかと考えたりもしました。おそらく駅とは連絡通路で結ばれるのだろう、しかしかなり長そうになるし、そのまま一直線につなごうとすると角度的に不自然になるなぁ…、と思いつつ。

そして周辺道路(やバスロータリー)が整備された後、Yahoo!地図を見て、思いました。

「これ、本当にイオンモールになるのか…?」

建設されるであろう場所の敷地面積が、どうも既存のイオンモールと比べると狭い、と感じました。もしかしてイオン単独店舗か、イオンタウンになるのだろうか、と。また、アピタ長久手店同様平面駐車場がなさそうだと予感しました(実際、平面部分にはほとんどない)。
だが、建設中の時に行ってみると、確かに「イオンモール長久手 2016年冬オープン」と掲げられていたので、まぁそうなのだろうと思ったわけです。

そんなこんなで、グランドオープンに先立ち12月6日にソフトオープンしたイオンモールに早速入ってみました。周ってみて思ったのは、通路がやや狭い、(本館に)エスカレーター1か所の周りを除いて吹き抜けがない、イオンスタイルと専門店街の区別がつきにくい、ということ。なので、一般的なイオンモール(この周辺だとナゴヤドーム前、大高、mozoワンダーシティ等)を想像して行くとあれ?と思うかもしれません。その代わり、売り場は4階層分あるので店数は多いと言えましょうか。あとは、本館の手前に別館がある形式は予想できませんでした。

それと、フードコートやレストラン街の内容が割と良さそうです(え?)。余談ですが、なぜかアピタ長久手店にはないスガキヤもちゃんとあります(


それにしても、長久手市はすごいですね。市域は広い方ではないが、アピタとイオン両方あって、なおかつどちらも駅に直結しているという…。日進市民としてはうらやましく感じます。

JUGEMテーマ:日記・一般

2016.12.10 Saturday 23:20 | comments(0) | trackbacks(0) | 日記 | 

最終報告のようなもの

(注:内容が追加される可能性があります)

やっと、報告できる時が来たのだろうか。

以前勤めていた会社を退職し、今年6月16日より、現在の会社に就職。3か月の試用期間を経て、9月をもって、どうやら僕は正式に正社員になったもようである。工業系(?)人材派遣会社の社員として、某企業に出向している。

まぁ、それは良いことなのだろう。だが、喜ぶのはここまでである。ここからは、正社員になるにあたって今まで考えていたことや、日本の労働のあり方についていろいろ書く。


言うまでもないが、これまでの人生からみて、自分は本来正社員という形態で働き続けることは無理な人間である。企業にとって、長期雇用前提の正社員を雇うことは、コストもリスクもかかる。僕は決して給料に見合った働きができる人間ではなく、1つの企業で長く続けられる自信もない。そこまでやる気も体力も続かない。

だが、どれほど雇用形態が多様化しようが、時が流れようが、この国において正社員になること、正社員であることの価値や重要性が大きく変わることはなく、また親もこんにちに至るまで正社員になることを求める姿勢は変わらなかったため、僕は正社員の求人に応募し、正社員になった。単純に言えばそれだけの話である。
しかも、親としては本当は他企業に出向、派遣という形ではなく、入った企業内で定年まで働ける所を望んでいるらしい。つまり、自分(の子供)さえ良ければそれで良いということである。正社員になっただけでもましだと思うべき時なのに、困ったものである。


ご存知のように、今年10月には、電通の女性社員が長時間残業と上司からのパワハラを苦に自殺していたことが判明した。残念なことである。電通では彼女が自殺する24年前にも、男性社員が過労が原因で自殺していることを、中学か高校の社会の便覧で見たことがあるので、そのニュースを見たときはあっ、と思ってしまったものである。

残念ながら、現在の部署は電通ほどではないが、割と残業は多い。それでもここ1か月近くは落ち着いてきてはいるが、特に9月や10月後半の負荷はすごかった。首が痛い日や、腰が重い日や、脚がバーストしそうになった日も何日かあった。現在は請負フロアで働いているが、自分を含めて数人だけ残っている状態もざらにあった。ただ、僕がなんとか続けられる職場はそういう所ぐらいなので、ある程度受け入れるしかないのが現状である。

残業を減らすためには単に時間規制をするだけではなく、人を増やすか、全体の業務量を減らすか、取引先に納期を延ばしてもらうか等する必要があるが、そう簡単にはいかないだろう。それは、人間に限界があることを認める、あるいは自ら限界点を設定するという、多くの(特に自己啓発が好きな)日本人が嫌がることをしなければならないからである。
「物事に限界はない、自分で勝手に限界を作っているだけだ」と信じている人にとって、働き方改革を迫られている現状は耐え難いものであろう。だがワーク・ライフ・バランス、ひいては経済全体のバランスをとるためには、一定の上限を設けることも必要である。ひたすら休みなく働くだけでは、経済や日常生活は成り立たない。今以上に外国の人・企業に物を押し付けなければならなくなる。


少し前に、仕事を重要視する人の割合が諸外国では年を追うにつれて下がっているのに対し、日本ではほとんど変わっていないという旨の記事を見たが、やはり最終的には経済うんぬんと言うよりも、とりあえず誰もがどこかの企業等に属し、1日のうち一定以上の時間を割いて労働の義務を果たしているという状態(見た目)こそが重要だと考えられている可能性が高い。父親がとにかくどこかで働くことを求めるのも、そういうことなのだろう。
日本の労働生産性が他の先進国と比べて低いとされていることや、有給休暇の消化率が低いことの原因の一部も、それなのかもしれない。

JUGEMテーマ:日記・一般

2016.12.09 Friday 01:30 | comments(0) | trackbacks(0) | 日記 | 

珍事!?それとも失態?故障したはずの携帯が…

今月1日のことであった。

車で外出している途中で携帯を使おうと思い、電源ボタンを押したが、なぜかスリープ状態から復帰せず。何度押しても、復帰しない。電源が切れているのかと思い、長押しするも、電源が入らない…。

また故障したか?と思わずにはいられなかった。3年前にも電源が入らなくなり、充電もできなくなり、やむを得ず修理に出したことがあった(参照)。だが今回は、モバイル電源につなぐと充電ランプは点灯した。とはいえ、本体の温度は上がらず、充電されている様子はなかったが…。

仕方がないので、翌日ドコモショップへ直行する。店員さんに確認してもらうと、やはり電源が入らないということだったので、修理を依頼することにした。


しかし…。


数日後、ドコモショップから電話が来る。どういうことかと思って電話に出ると…、


「電源が入らないということでしたが、修理に出す前の最終確認のところで電源が入ったんですね」


…!?

何ということでしょう、と言うより、個人的にはあまりに予想外の回答であった。あれほど電源が入らなかったはずなのに、なぜ入ったのか…。

そして土曜日、再びドコモショップへ行き、電話機を回収。確かに電源は入っていた。修理は一旦キャンセルし、しばらく様子を見ることにした。


実は、仮に修理に出していればモンストのデータがおじゃんになるところだったので、命拾いしたと言える。Googleアカウントに引継ぎ設定をしていなかった上に、タイトル画面のスクリーンショット(IDが書かれている)も本体の中のみでPCやSDカードに入れてなかったので、危ないところだった(パズドラは既にGoogleアカウントに引継ぎ設定済み)。

なお、直後に1回またスリープから復帰できない事態が発生し、長押しで電源が入り事無きを得るという危うい事象もあったため、このままうまくいくかどうかは流動的である。

JUGEMテーマ:日記・一般

2016.10.13 Thursday 01:14 | comments(0) | trackbacks(0) | 日記 | 

「Windows 10アップデート後も特に問題なし」を一部撤回

以前Twitter上で、「Windows 10への試験アップデート結果、特に大きな問題はなし」と書いてしまいましたが、やはり一部撤回させていただきます。

具体的に言うと、アップデート後、一部の映像DVDがOS側で認識されない。また、CD・DVDを挿入した時の自動再生が一部正しく行われない。Windows 8.1の時は問題なく使えていましたが…。

以前主に使っていたPC(Vistaプリインストール版)では普通に認識、再生できました。何でだろうかと、ふとエクスプローラーを見ていると、容量が4.7GBを超えていることに気付きました。もしや、片面2層だから読み込めないのか…?それも変な話ですけどね。

Microsoftコミュニティで解決法を探してみましたが、今のところ解決しそうにありません。

JUGEMテーマ:日記・一般

2016.09.16 Friday 23:10 | comments(0) | trackbacks(0) | 日記 | 

中日次期監督に関して

中日の谷繁監督の休養(事実上の解任)が発表されてから1か月。この件について何か書こうかと思いつつ、またここまで来てしまったようです。


去年は中日ドラゴンズに関する日記を1度も書けませんでした。というわけで実質2年分書くことになりますが、まず一言で言えば、この2年間は、もう試合を聴いていて(テレビで観戦することが少なくなり、ラジオで聴くことがほとんどだった)非常に辛かったです。どうしてこんなにもうまくいかないのか、と思う試合も多々ありました。

今年は19年ぶりの最下位になってしまうのでは、とよくメディア等で言われていますが、昨年の夏頃もやはり5球団から引き離され、最下位に終わる可能性が濃厚でした。最終的には5位でしたが、現状を見ると、今年は去年以上に確率が高そうです。

思えば昨年の開幕戦、京セラドームでの阪神戦から、悪い予感を感じていました。詳細を一部忘れているので不正確ですが、開幕投手の山井が1失点に抑えて4-1とリードしており、このまま勝利かと思われましたが、又吉が打たれて同点に追いつかれるということもありました。

そして最も印象深いのが、昨年4月の甲子園での阪神戦。先発バルデスが9回2アウトまで投げ、無失点で降板。この時点で中日が1-0でリードしており、このまま抑えて欲しいと思っていましたが、代わった福谷が打たれて同点となり、1アウトも取れずに降板し、又吉も打たれて1-2でサヨナラ負けするという結果に。最後まで分からないと言えばそれまででしょうが、何かがおかしいと感じていました。そしていつの間にか、福谷や又吉が登板するとなんとなく不安になるようになってしまいました。

特に昨年の交流戦後は、投手陣の不調だけでなく守備面でも問題が噴出し、どうしたものかと考えたこともありました。


そして今年は、途中から仕事が忙しくてラジオで聴けない日が増えていますが、試合を聴けないうちに負けが重なり、球団ワーストの11カード連続負け越しという、受け入れがたい事実もありました。長年世代交代が進まないと言われてきた中日も、昨年限りで多くのベテラン勢(山本昌、和田、小笠原道大、朝倉、川上、そして監督兼任だった谷繁)が引退・退団し、若手選手やそれまで出番が少なかった中堅選手の出場機会が増えましたが、数年遅かったのかもしれません。


昨年と今年の共通点として、春頃まではそれでもなんとかAクラスを維持し、一時は首位に立ち、「今年は去年よりは良いかも」と少し思ったりもするわけですが、その後交流戦で負け越し、以降も調子が上がらず負けが込み、順位を下げて気付いてみれば最下位、という状況になっていたように思います。やはり夏を乗り切れないと、優勝はおろかAクラスも難しいのでしょう。


そして、よりによって自分の誕生日に、谷繁監督の休養が発表されました。当然ながら彼だけでなく、確執が噂されていた落合GMの責任を問う声も挙がっています。責任の取り方として辞任というのは自然な考えですが、GM制を敷いている球団においては、本来はまずGMが上に立ち、GMがこれなら優勝できると考える選手を選ぶという前提であり、それを監督がいかにうまく使うかというシステムである上、白井オーナーが落合GMを全面的に信頼しているようなので、おそらく落合GMは当面続投するだろうと思っています。
少数意見として、落合GMの監督復帰を望む声もあったということが球団社長から言及されましたが、僕は休養発表当初、落合GMが現場に出て自ら残り試合を指揮して、自身の戦力選びに何の間違いもなかったことをファンに証明するのが筋ではないかと思っていました(どちらかといえば消極的な監督復帰)。本人はやりたくないでしょうが…。

次期監督については、サンデードラゴンズ内でもファンからの意見を募集していました。若狭アナウンサーは「いろいろ予想するのは自由」という旨の発言をしていましたが、それでもGM制が続く限りは、選択肢はそう広くないと思っています(落合氏の監督退任発表時には同時に高木氏の就任が発表され、予想する余地もなかったのに比べればましだが)。GM制に対する理解、およびGMの職にいる人と方針や相性が合う人でないと、同じことの繰り返しになる可能性があります。そうなると、確率が高いのは最もよく名前が挙がる小笠原2軍監督か、現在監督代行を務めている森ヘッドコーチ、その他現コーチ陣からの昇格、あるいは落合氏と親密な人物(中日OBであるか否かを問わず。と言っても具体的に誰があてはまるか不明だが)が現実的な線でしょう。新鮮さは少ないですが、そうするしかないと思います。少なくとも、CBC専属あるいはよく出演する野球解説者(木俣氏、牛島氏、山田氏、立浪氏、etc.)は多分、選ばれないでしょうね…。

JUGEMテーマ:日記・一般

2016.09.12 Monday 23:20 | comments(0) | trackbacks(0) | 日記 | 
 | 1 / 104 PAGES | >>
Click Here!