<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
SEARCH
<< パズドラレアガチャ記録(10)等 | main | 「Windows 10アップデート後も特に問題なし」を一部撤回 >>

中日次期監督に関して

中日の谷繁監督の休養(事実上の解任)が発表されてから1か月。この件について何か書こうかと思いつつ、またここまで来てしまったようです。


去年は中日ドラゴンズに関する日記を1度も書けませんでした。というわけで実質2年分書くことになりますが、まず一言で言えば、この2年間は、もう試合を聴いていて(テレビで観戦することが少なくなり、ラジオで聴くことがほとんどだった)非常に辛かったです。どうしてこんなにもうまくいかないのか、と思う試合も多々ありました。

今年は19年ぶりの最下位になってしまうのでは、とよくメディア等で言われていますが、昨年の夏頃もやはり5球団から引き離され、最下位に終わる可能性が濃厚でした。最終的には5位でしたが、現状を見ると、今年は去年以上に確率が高そうです。

思えば昨年の開幕戦、京セラドームでの阪神戦から、悪い予感を感じていました。詳細を一部忘れているので不正確ですが、開幕投手の山井が1失点に抑えて4-1とリードしており、このまま勝利かと思われましたが、又吉が打たれて同点に追いつかれるということもありました。

そして最も印象深いのが、昨年4月の甲子園での阪神戦。先発バルデスが9回2アウトまで投げ、無失点で降板。この時点で中日が1-0でリードしており、このまま抑えて欲しいと思っていましたが、代わった福谷が打たれて同点となり、1アウトも取れずに降板し、又吉も打たれて1-2でサヨナラ負けするという結果に。最後まで分からないと言えばそれまででしょうが、何かがおかしいと感じていました。そしていつの間にか、福谷や又吉が登板するとなんとなく不安になるようになってしまいました。

特に昨年の交流戦後は、投手陣の不調だけでなく守備面でも問題が噴出し、どうしたものかと考えたこともありました。


そして今年は、途中から仕事が忙しくてラジオで聴けない日が増えていますが、試合を聴けないうちに負けが重なり、球団ワーストの11カード連続負け越しという、受け入れがたい事実もありました。長年世代交代が進まないと言われてきた中日も、昨年限りで多くのベテラン勢(山本昌、和田、小笠原道大、朝倉、川上、そして監督兼任だった谷繁)が引退・退団し、若手選手やそれまで出番が少なかった中堅選手の出場機会が増えましたが、数年遅かったのかもしれません。


昨年と今年の共通点として、春頃まではそれでもなんとかAクラスを維持し、一時は首位に立ち、「今年は去年よりは良いかも」と少し思ったりもするわけですが、その後交流戦で負け越し、以降も調子が上がらず負けが込み、順位を下げて気付いてみれば最下位、という状況になっていたように思います。やはり夏を乗り切れないと、優勝はおろかAクラスも難しいのでしょう。


そして、よりによって自分の誕生日に、谷繁監督の休養が発表されました。当然ながら彼だけでなく、確執が噂されていた落合GMの責任を問う声も挙がっています。責任の取り方として辞任というのは自然な考えですが、GM制を敷いている球団においては、本来はまずGMが上に立ち、GMがこれなら優勝できると考える選手を選ぶという前提であり、それを監督がいかにうまく使うかというシステムである上、白井オーナーが落合GMを全面的に信頼しているようなので、おそらく落合GMは当面続投するだろうと思っています。
少数意見として、落合GMの監督復帰を望む声もあったということが球団社長から言及されましたが、僕は休養発表当初、落合GMが現場に出て自ら残り試合を指揮して、自身の戦力選びに何の間違いもなかったことをファンに証明するのが筋ではないかと思っていました(どちらかといえば消極的な監督復帰)。本人はやりたくないでしょうが…。

次期監督については、サンデードラゴンズ内でもファンからの意見を募集していました。若狭アナウンサーは「いろいろ予想するのは自由」という旨の発言をしていましたが、それでもGM制が続く限りは、選択肢はそう広くないと思っています(落合氏の監督退任発表時には同時に高木氏の就任が発表され、予想する余地もなかったのに比べればましだが)。GM制に対する理解、およびGMの職にいる人と方針や相性が合う人でないと、同じことの繰り返しになる可能性があります。そうなると、確率が高いのは最もよく名前が挙がる小笠原2軍監督か、現在監督代行を務めている森ヘッドコーチ、その他現コーチ陣からの昇格、あるいは落合氏と親密な人物(中日OBであるか否かを問わず。と言っても具体的に誰があてはまるか不明だが)が現実的な線でしょう。新鮮さは少ないですが、そうするしかないと思います。少なくとも、CBC専属あるいはよく出演する野球解説者(木俣氏、牛島氏、山田氏、立浪氏、etc.)は多分、選ばれないでしょうね…。

JUGEMテーマ:日記・一般

2016.09.12 Monday 23:20 | comments(0) | trackbacks(0) | 日記 | 

スポンサーサイト

2017.08.12 Saturday 23:20 | - | - | - |