<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
SEARCH
<< 多少はましになった程度 | main | JRゲートタワー開業でもまだ変わり続ける名古屋… あの市のシンボルも節目の時 >>

パズドラリリース5周年、僕もいつの間にか4周年

2月20日で、遂にパズドラがリリースされてから5周年という節目を迎えました。僕は前日の2月19日20:30から放送された「パズドラ5周年記念生放送inニコファーレ」を見ていました。今回はなぜか、日付またぎで放送するという子供泣かせなスケジュールでしたな…。道理で前年より開始時間が遅いなとは思いましたが(改めて調べたところ、前年は17:00開始だった)。ただ、自分はたまたま(?)翌2月20日は有休を取っていたので、そこまで問題はありませんでした。

今回、周年記念の放送としては初めてニコ生とYouTubeライブとの2元放送となりました。しかし、放送時間帯のせいなのか、あるいはパズドラ全体の人気やアクティブプレイヤー数が減っているためかは分かりませんが、いつもなら満席で追い出されることも多かったニコ生版も、特に番組後半はほぼ普通に見ることができました。それ自体は良かったのですが、半分寂しさもあります。


そして、今月で自分がプレイを始めてから早くも4年が経ってしまいました。4周年到達時点でのランクは、確か367。ただ、5周年記念生放送でも紹介されていたように今となってはランク301〜400のユーザーもそれほど珍しくはなく、特別高いわけでもありません。これも、全体的に昔より経験値が上がりやすくなっているためというのは言うまでもないでしょう。


パズドラに対する所感は、これまで何度も書いてしまっているので今改めて書くほどでもありませんが、最近は今まで変わらないだろうと思っていたことや、一定の規則が成立していたものがかなり崩れてきている感じがあります。そして、今後もその傾向が続くのだろうと思っています。

昨年7月に、それまで無かったメール付属の魔法石、モンスター等の受取期限が設定されるようになってしまいましたが、僕が思うには、そのうち無料入手分の魔法石の使用期限も設定される日が来そうな気がしています。そう、巷にあふれている大半のポイントカード(ポイントサービス)のように…。
売却時に入手できるモンスターポイントの数も、当初はレアガチャ限定モンスターは高く(3000〜50000MP)、ダンジョンで入手可能なモンスターは低い(1〜20MP?)というふうにある程度決まっていました。モンポの導入と同時期にレアガチャでもダンジョンでも入手可能だったモンスターがどちらかに統一され、結果的にモンスターの実質的な価値が良くも悪くも明確になりました。が、やがて一度きりチャレンジの報酬として配布された「タマゾーX覚醒オーディン」等が3000MPに設定され、先日ガチャ限定から除外されたレアドラゴン(晩成龍)とフルーツドラゴン(第2形態。第1形態はモンポ導入時に除外)の売却値は3000MP据え置きとなったこと等により、もはや規則性はなくなりつつあります。
アシスト(旧:スキル継承)に使用できるモンスターの定義も入手手段(レアガチャ限定)、第1形態のレア度(★5以上)等が基準になっていましたが、これも先述のタマゾーシリーズ実装以降はパターンが崩れ始め、現在はモンスターのアイコン右上に金星マークが付いたモンスターという曖昧なものになっています。

そんなにパターン崩しばかりしていいのだろうか、と思うこともありますが、これもやはりオンラインゲーム(と言うよりアイテム課金ゲーム)だからこそなのでしょう。サービスを続けるには、新要素を入れ続けたり、既存のシステムやルールを変え続けなければならないので、やむを得ないことではあります。そして、既存プレイヤーのやる気を持続させるためか、配布するプレゼントの数、内容もどんどん凄まじいことになってきています。
今年に入ってからは、2月の毎日たまドラとモンポが手に入るダンジョンもありましたが、それだけでなく、リリース5周年記念イベントでのノエルラッシュ(ノエルドラゴン5体分)、5周年記念生放送におけるフェス限ヒロインシリーズ進化に関する誤解を生む発言のお詫びとして配信された超ノエルラッシュ(同15体分)、今月のノエルドラゴン入手ダンジョンの毎日配信(各属性最大6体ずつ、合計最大30体)と、かつては貴重だったノエルドラゴン(および第1形態のプレゼントBOX)がこんなにも大量に手に入る時代になりました。

そして同時に、その件も含めて運営からの見えない圧力のようなものも感じるようになってきました。ノエルドラゴンに関しては、1月にも書いたように昨年の生放送における降臨チャレンジによって合成経験値が上昇し、従来の400万テーブルや500万テーブルのモンスターには過剰なくらいにまでになってしまいました。そこへ、大量のノエルドラゴンの配布。それらにちょうど良くはまるように用意されているのは、経験値999万テーブルのモンポキャラクターだったり、経験値1600万テーブルのレーダードラゴンや転生形態や最近実装された大賢龍シリーズだったりと、うまいことできているもようです。一連のノエルドラゴンやモンポ配布は「モンポキャラ買え」、「転生進化させよ」という暗黙のメッセージなのかもしれません。

最近はせっせと進化させてできるだけモンスターBOXの空きを作るようにしているつもりですが、プレゼントの数が多いためなかなか捗りませんね…。

JUGEMテーマ:パズドラ

2017.04.15 Saturday 22:54 | comments(0) | trackbacks(0) | 日記 | 

スポンサーサイト

2017.06.21 Wednesday 22:54 | - | - | - |