<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
SEARCH
<< パズドラリリース5周年、僕もいつの間にか4周年 | main | 昨年9月の日記の答え合わせ(?) >>

JRゲートタワー開業でもまだ変わり続ける名古屋… あの市のシンボルも節目の時

僕がなぜか、その建設過程を見続けてきたJRゲートタワーが全面開業。2代目大名古屋ビルヂング、JPタワー名古屋と共に名駅地区の風景を一変させた第2期(?)高層ビル建設プロジェクトも、これで一区切りになったもようです。


名駅地区の盛り上がりはさらに激しさを増しそうですが、敢えて惜しかった点を挙げるとすれば、核店舗の一部が既に名駅地区に進出している店であること。タカシマヤ ゲートタワーモールは既に隣のタワーズに出店している高島屋の実質的な増床であり、ビックカメラもご存知の通り駅西に存在しています。後者に関しては、当初ヨドバシカメラが入る予定だったところ、完成時期が遅れたためゲートタワーへの出店を断念したという経緯があったようで、仕方がない面もありますが、本当は入ってほしかったです。


ただ、ゲートタワーが開業してもそこで再開発等が終わることはなく、主に中央新幹線開業に向けてという名目で、今後も街の風景は目まぐるしく変化するよう、僕たちもその変化に付いていくのは大変ですし、自分が生きている間に現時点で予定されている再開発事業の完成を見られるかどうかも気になっています。
名駅地区では、既に報道されているように名鉄が現名鉄百貨店から名鉄レジャックビルまで(おそらく)を再開発し、全長約400mという想像もしなかったであろうビルを建設しようとしています。それにより、先述の名駅西口のビックカメラの対抗馬で、名鉄百貨店ヤング館跡に出店したヤマダ電機は建替えによりいずれ閉店。そして現時点で再出店するかどうかはもちろん不明なので、今後しばらくはビックカメラの影響力が一段と強まるものとみています。
また、駅前にあるその他のビルも、今後順次建て替えられるか、別の施設になることでしょう。

それだけでなく、金山にあるアスナル金山も新しいビルに生まれ変わる予定であり、往年の市のシンボル名古屋城天守閣も老朽化により木造で再建予定であり、テレビ塔も一度解体修理されるそうなので、なかなか大変なことであります。少なくとも、2000年時点の名古屋とはまったく違う風景が、2027年には待っていることと思います。

JUGEMテーマ:日記・一般

2017.04.22 Saturday 23:53 | comments(0) | trackbacks(0) | 日記 | 

スポンサーサイト

2017.07.16 Sunday 23:53 | - | - | - |