<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
SEARCH
<< モンストガチャ記録(2) | main | パズドラレアガチャ記録(14)等 >>

パズドラ、フェス限ヒロインシリーズの進化で誤認表示

「パズドラ」などで不当表示=ガンホー、グリーに措置命令−消費者庁(時事通信)
http://www.jiji.com/jc/article?k=2017071900737&g=soc

ガンホーに措置命令 パズドラのガチャで「究極進化」誤認表示(ITmedia ビジネスオンライン)
http://www.itmedia.co.jp/business/articles/1707/19/news100.html

例のフェス限ヒロインシリーズの進化に関する表現をめぐって、遂に消費者庁からお咎めを受けることになってしまったようです。

19日にニュースが出ているのを見たときは、当然ながら驚きました。かつて他ゲームに比べて良心的なレアガチャと言われていたパズドラが措置命令を受けることになろうとは、ゲームを始めた当初は夢にも思わなかったことです。

この措置命令の直接の原因は簡単に言えば、時事通信の記事や消費者庁からの発表資料からもわかるように、ほぼ山本プロデューサーの事実誤認発言(各モンスターの進化形態をきちんと把握していなかった)によるもの。パズドラ生放送での何気ない発言を消費者庁にしっかりとピックアップされているうえ、時事通信の記事でも「パズドラのプロデューサーが(中略)発言」と明確に書かれているので、彼としてもショックは大きいと思いますが、今後は表舞台に出られなさそうな気がします。

この件は、元々究極進化は通常進化より上位の位置付けで、通常進化の最終形態よりも性能が良い≒ゲームを有利に進められる、という前提があってこのような問題に至りましたが、どうやら内部的には進化の方式そのものよりも、進化形態の性能に不満をもっていたユーザーが多かったというのが背景にあるようです。
当初通常進化とされた11種類は、確かLv.99まで上げて進化させて、その後再びLv.99にするまで1600万経験値を注ぎ込まなければならない仕様だったので、進化・強化の労力に見合った性能ではないとの声が挙がっていました。通常進化はレベルを最大にしないとできないうえに進化させるとLv.1に戻り、さらに強化する必要があるのに対し、究極進化は任意のレベルで行えてかつ、究極進化前に戻せる、Lv.最大にするまでに必要な経験値が余分にかからなくて済むという点でも有利になっているため、最初から究極進化の形をとったイルミナとウルカに比べて釣り合っていないと感じたのでしょう。

ただ、今回の件はパズドラ生放送の内容のみに対して扱っていると思われるのと、さすがに消費者庁も、個々のモンスターの性能までは判断できない(そもそも強いかどうか、進化に必要なコストに見合っているかは各ユーザーの主観によるため)ので、一般の視点で見れば「全モンスターがゲームをより有利に進められる究極進化をするかのように誤認させる表示を行っていた」という結論は正しいのだろうと思っています。


ガンホーとしては、おそらくこの件は既に4か月前に終わったことという認識でしょうが、ニュースで報じられて印象が悪くなったのは事実であり、ユーザーは減り続けてしまうものと思われます。


参考:ガンホー・オンライン・エンターテイメント株式会社に対する景品表示法に基づく措置命令について(消費者庁)
http://www.caa.go.jp/policies/policy/representation/fair_labeling/pdf/
fair_labeling_170719_0002.pdf


JUGEMテーマ:パズドラ

2017.07.22 Saturday 13:40 | comments(0) | trackbacks(0) | 日記 | 

スポンサーサイト

2017.11.19 Sunday 13:40 | - | - | - |