<< May 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
SEARCH
<< 2013年5月27日のお知らせ | main | 統一球、いつの間にか改善…の続き >>

統一球、いつの間にか改善

NPB:飛びやすい統一球にこっそり変更(毎日新聞)
http://mainichi.jp/sports/news/20130612k0000m050091000c.html

NPB:製造元にも口止め、現場軽視 統一球変更(毎日新聞)
http://mainichi.jp/sports/news/20130612k0000m050092000c.html

今シーズンに入って前年よりホームラン数が増えている謎が、このような形で明らかになったわけですが、確かに普通に考えればボールが変わったと考えるのが自然なのでしょう。まぁNPBからすれば、以前は反発係数が規格外(下限を下回っている)のものがあったのを本来の範囲に修正したということのようですが、しかし微妙に?修正しただけでこんなにも変わるのだろうか、と思いました。それだけ繊細なスポーツなのでしょう。

そしてここまで公表しなかったことへについてですが、僕もどちらかというと隠蔽体質(え?)なので、あまり人のことは言えませんが、以前から統一球の改善要望はあったわけなので、別に開幕前に公表しても良かったではと思っているところです・・・。


ただ、結果的に改善されたのはそれで良いとして、以前マイミクの日記のコメントで少しだけ触れましたが、ホームランが出やすいほうが面白い野球であり、観客が増えるという意見をよく聞きますが、本当なのでしょうかね・・・?
いや、それ自体を全て否定するつもりはありませんし、実際ホームランが出ると嬉しいですが、そうなると細かな戦略(バントやヒットンドラン等)はどうでもよくなってしまうことになるので、必ずしもそうとは言えないような気がしています。

JUGEMテーマ:ニュース
2013.06.12 Wednesday 22:42 | comments(0) | trackbacks(0) | 話題 | 

スポンサーサイト

2020.05.31 Sunday 22:42 | - | - | - |